産後から始めたシミ対策

産後急にシミが気になり始めた

私がシミを気にし始めたのは、二人目の子供を出産した33歳頃からでした。

産後に顔のシミが増えてすぐに消えるかなと思っていたのですが、それからシミはどんどん増えていき、鏡を見るとそばかすのような細かいシミだらけになってしまいました。

産後1年経ってもシミが消えるどころかどんどん目立ってきてしまい、ある日夫にも「最近顔のシミが目立つようになったよね」と言われたり、夫の友達に急にふけたねと言われたり、年齢のことを言われるようになってこのままではいけないと思いました。

まだ30代なのにふけたと言われて正直ショックでしたし、まだまだ若いと言われる年齢なのに悔しい気持ちもあり、きれいになって見返したいという気持ちが強くなりました。

今考えると20代の頃は若さに任せてシミのことなどそんなに考えてケアをしていなかったので、その影響が年齢や出産などのタイミングで表面化してきたのかもしれません。

いずれにしても30代前半でシミだらけになるのは嫌だったのでちゃんとしたケアをしてみようと思いました。

メラニン色素を分解するハイドロキノン

私がインターネットでいろいろと調べた結果、顔のシミを薄くしたり消したりする方法に、ハイドロキノンとトレチノインを使った方法がありました。

レーザーによる治療が一番の方法だと書いてあるサイトが多かったのですが、高額ですし子供が小さいので、通院するのは難しいことからこの方法を選びました。

方法はトレチノインという肌の再生効果のある化粧品とハイドロキノンという肌の漂白剤と言われている化粧品を合わせて使うことで、古い肌の角質を取り除き、シミができてしまった部分の肌を新しくしながら漂白してシミを消していくというものです。

ハイドロキノンを配合したコスメはコチラ⇒できてしまったシミに効く美白化粧品ランキング!

インターネットでの口コミを読んでみて試している人がたくさんいたことと、その効果を実感したという人が多かったこと、3000円程度で始められることを理由に効果があるのではないかと思い、実践してみることにしました。

30代からしっかりとシミ対策が大事です

トレチノインとハイドロキノンを使用した結果、1ヵ月ほどで効果が現われました。

まず結構目立っていたシミが2か所完全に薄くなりほとんど消えてしまいました。

肌の再生効果のあるトレチノインのおかげで、顔の皮が薄くむけ新しい肌になったことでツヤもよくなりました。

それからハイドロキノンの効果でシミが薄くなったほか、顔全体が明るくなった印象になり、透明感が出てきました。

まだ完全にシミが消えたわけではありませんが、1ヵ月での劇的な効果にとても嬉しい気持ちです。

まだ30代なのにこんなシミがあってどうしようと最初は悩みましたが、自分に少し自信を持てるようになりました。

そして肌のケアもきちんと勉強してUVケアをきちんと行うようになりました。

これから40代に向けて、肌のケアをきちんと行っていきたいと思います。

美白コスメは選び方が大事

シミ対策として美白コスメなどを使う時は、どんなものを選ぶべきかがとても重要です。

選ぶときのポイントは、シミの「予防」をしたいのか「対策」をしたいのかを明確にすることです。

美白というとシミを消すようなイメージがあるかもしれませんが、実はシミが出来ないようにするためのコスメも美白コスメと言っているのです。

そのため、すでにできてしまったシミを消すのに予防効果のあるコスメを使っても意味がありません。

そして、予防と対策の両方の効果が期待できるのがハイドロキノンとビタミンC誘導体です。

もしもどんなコスメを選んだらいいのかわからないのであれば、この2つの成分を配合したものを選んでおけばいいと思います

ただ、お肌に合わないことがあるので、お試し品などがあれば使ってみてから本商品に移るべきでしょう