ビタミンCで内側からも外側からもケア

頬が茶色くなってしまった

2年くらい前から、両方の頬骨あたりの肌の色が薄茶色になっていました。

多少は気になっていたものの、それほど目立つようなものでもなかったため、何の対策もせずにほったらかしにしていました。

しかし、今年に入って久しぶりに鏡で自分の顔をじっくりと見たら、その部分が以前よりも明らかに濃くなっていました。

親と同世代の人のの頬とかをみると、頬に茶色の大きなシミがあるので、自分も気をつけないといけないなと思っていたのにいつの間にかそうなってしまっていてショックでした。

もっと、年をとっていたら諦めもつきますが、こんなに早くシミができるなんて。

紫外線のせいなのか、ここ数年は子どもの受験等もあったのでストレスなのかはっきりした理由はわかりません。

どうしたら、このシミを消すことができるのだろうと日々悩んでいました。

ビタミンCのサプリとコスメを使用

シミの対策の方法としてどんなことをしたらいいのか、とりあえずネットでシミについて調べました。

一番手っ取り早いのは、美容皮膚科などでレーザーの手術をすることみたいです。

友人も近所の大学病院で手術をしたと言っていて、確かに薄くなっていました。

私もやってみようかと思いましたが、時期が紫外線の強い時期のため手術はしないほうがいいらしく、とりあえずビタミンCがいいという事を聞いたのでサプリメントを毎日飲むようにしてみました。

あとは、市販の美白効果のあるビタミンC誘導体入りの美容液や化粧水を毎晩入浴後に使用するようになりました。

ビタミンC誘導体は厚生労働省が美白効果のあるものとして認めているものであるということだったことと、世の中にたくさんある美白成分の中でもビタミンCにはすでにできてしまったシミ

を分解する作用があるということなので、選んでみました。

美白成分といっても、実はメラニン色素が作られてしまうのを防ぐ効果はあっても、すでにあるシミを改善する効果のあるものは少ないんですね。

その点は多くの人が認識を間違っていると思うのでコスメ選びの時に気を付けた方がいいと思います。

やっぱり予防も大切

このようにビタミンCのサプリメントとコスメを使用して1ヶ月ほどたった頃に、ふと子供が私を撮った携帯の写真を見てみると、以前の写真に比べてシミが薄くなっているのがわかりました。

さらに、ビタミンCでケアをし続けたためか、お肌がふっくらとしてハリのあるわかわかしい肌になったように感じました。

やっぱりシミがあるだけで老けて見えてしまうことがわかったので、これからはしっかりとUVケアをすることと、シミができる前に予防効果のある美白コスメを使ってできるだけキレイな肌で

居続けられるように努力していこうと思います。